えどっ子日誌

edo2006.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

東北へ行ってきたワン、2017その4、蔦沼と沼巡り

( * 11月末からかなり忙しくなりまして^^;、放置中でしたエドの成長?記録をなんとか遅ればせながら更新しています。実際の更新日時とこちらの表示とは、毎度のことながら一致しておりません^^;)

10月20日、早朝に目覚めたので、蔦沼まで行ってみました。

実は、前日は蔦温泉に泊まりたかったのですが、全然空室がない状態でした。私のように思いつきで予定を立てるのではとても間に合わないようです。ここに泊まれていればなぁ〜と、往生際の悪いことを思ってました。
とはいえ、そんなこんなで蔦温泉に着いたのがもう6時過ぎですから、帰るカメラマンも大勢いました。


a0218499_14285599.jpg


ここは、紅葉シーズンには日の出と共に真っ赤に燃えるように見える紅葉が有名らしいのです。
この日は生憎の曇り空で、残念ながら燃えるような赤色には染まっていませんでしたが、そういうときは4時頃から場所取りのカメラマンが大勢いるらしいので、ワン連れにはかえって良かったかもしれません。
a0218499_14291824.jpg





a0218499_14293952.jpg


a0218499_14295971.jpg

a0218499_14301851.jpg

a0218499_14302425.jpg



蔦沼から大勢のカメラマンたちは入口に戻っていくのですが・・・沼巡りもできるらしいです。
入り口に地図看板が有った記憶があるのですが、写メも撮ってないし、ネット検索しようとしたら圏外なのですね!

所要時間も地図もわからないのが不安でしたが、行かれるところまで行ってみようかと・・・相変わらずの行き当たりばったりです^^;

緩やかながら上りが続きます。

a0218499_14375512.jpg

水となると入りたがる子が・・・・^^;
a0218499_14305568.jpg

おっと、苔が有って、上るのは大変よ!
a0218499_14310724.jpg


a0218499_14312008.jpg

最初の沼に出ました。鏡沼らしいです。
ここで、下ってくる方たちと出会って、全体の距離と時間を聞いたら、少し先まで行ってもう戻るところだとか・・・やはり無理かな?
a0218499_14313628.jpg

15分ほど歩くとまた小さい沼・・・・月沼かな?
a0218499_14320362.jpg

a0218499_14321616.jpg

a0218499_14323029.jpg

a0218499_14330277.jpg



右下にやや大きめの沼が見えてきました。下りていくと長沼だそうです。

a0218499_14332734.jpg



a0218499_14335658.jpg

ブナ林がとても良い雰囲気で、独り占めで歩けるのは朝ならではでしょうか
a0218499_14341277.jpg



また暫く歩くと、下に沼が見えてきます。
菅沼だそうです。
蔦沼は朝日を浴びて赤く燃えるので有名らしいですが、誰もいないこの菅沼のほうが雰囲気が抜群に素晴らしいと、私たちは思いました^^
a0218499_14344052.jpg


水の中に入っている枯れ木の先端まで行きたがるワン
a0218499_14345663.jpg

a0218499_14351127.jpg


a0218499_14352338.jpg

a0218499_14353806.jpg


a0218499_14361325.jpg

a0218499_14363276.jpg

a0218499_14365693.jpg



菅沼を上がれば、次は瓢箪沼です。ここから先はかなり下りましたので、反対側から歩くと最初の上りがキツイかもしれないと思いました。

瓢箪沼は沼というより湿地と言う感じです。
10
a0218499_14372507.jpg


もうここは蔦温泉のすぐ裏手になります。

ようやく全体像の地図がありました。
およそ一時間半と書かれていますね^^

私達も蔦沼を出たのが 6時50分ぐらいでこの場所で8時前でしたから一時間強の朝の散歩でした。
歩きはじめは不安でしたが、歩いて正解でした。穏やかなアップダウンはありますが、とても気持ちよく歩けました。

a0218499_14373982.jpg



終点というか始発というか、こちらが蔦温泉旅館です。
1147年の久安3年にはこの地に湯治小屋があったことが記録に残っているという歴史の古い温泉です。
1897年、明治30年より宿の経営が始まっているそうです。大町桂月ゆかりの宿で、彼はここに本籍を移して亡くなったそうです。

a0218499_14444043.jpg

ネットでは立ち寄り湯は10時からと書かれてはいましたが、受付で聞いてみるともう入れるというのです。
相方はお腹が空いているからと消極的でしたが、また後で来るのは負担になるので、ここは私が押し切ってエドを車に置いてから、立ち寄り湯に入っていくことにしました♨
a0218499_14442753.jpg

ちょうど朝ごはんの時間で、ラッキーなことに貸し切り状態でゆったり入れました。
足元湧出の新鮮な温泉で、とても良い雰囲気です。

私たち世代としては懐かしい、吉田拓郎さんが歌った「旅の宿」は、ここに作詞者の岡本まさみさんが新婚旅行で泊まったときのイメージだそうです

次に行く機会があるなら、絶対にここに泊まりたい^^
by edo2006 | 2017-11-29 00:00 | Comments(0)