えどっ子日誌

edo2006.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

石老山顕鏡寺、軽い登り^^

9月13日  ヤビツ峠からの帰り道
ふと、道路脇の「石老山」という看板が目についてしまって、いつものごとくのお立ち寄りです(^^)

TVで紹介されたのを見ていたこともあり、まずは相模湖病院の駐車場に車を停めさせていただきます。

a0218499_15113530.jpg






この子には、新しものがり屋のとうさんがゴープロを装着(^^)
a0218499_15113153.jpg

登り始めはこんな感じです。
a0218499_15113847.jpg

いきなり、こんな道になるのですが、前夜に雨が降っていて、階段はところどころ滝になっていました^^;

a0218499_15114387.jpg

大岩・奇岩がゴロンゴロンしているんです
a0218499_15115399.jpg

大きさ、わかりますね
a0218499_15115852.jpg

この岩だらけの道は、石老山顕鏡寺の表参道だそうです。
a0218499_1512258.jpg

大変というよりは、ここまでくると、楽しいという感じになります。
フーフー言ってはいるんですけどね〜〜
a0218499_1512628.jpg

a0218499_15121569.jpg

濡れているから、慎重に歩かないと滑ります。
a0218499_15121921.jpg


度肝を抜かれるような大岩ばかり!
a0218499_15122627.jpg

日当たりが悪くて湿気が多いからか、シュウカイドウの花やホトトギスが咲いていました。
a0218499_15122982.jpg

岩には皆、名前が付いていたのですが・・・時間が経っているので、少しあやふやです。
多分、これは「駒立岩」
一番有名な巨岩で、一千年の昔に、京都の三條殿の若君と八條殿の姫君が住居となる岩窟を探す時にこの岩で休憩したといういわれがあるそうです。
高さ11m、横幅17mだそうです
a0218499_15123377.jpg

大きい岩が「男岩」で、直立した小さい岩が「力試岩」
a0218499_15123790.jpg


やっと、顕鏡寺についたようです。この階段が最後の登りです。40〜50分ぐらいでしたかしら?
真正面に見える大きな杉の木が、「蛇木杉」です。

a0218499_15133795.jpg

名前の由来は、この根っこですね。カメラに収まりきれない長さです。
a0218499_15135282.jpg

すごい迫力です
a0218499_22212395.jpg

上に見えるのは鐘楼で、六地蔵も見えています。お地蔵の方まで蛇の根っこが伸びています。

a0218499_1514370.jpg

a0218499_15141539.jpg


こちらが、山門

a0218499_15142538.jpg

この顕鏡寺さんを後で調べたら、かの「柳原白蓮」さんの菩提寺だそうです。例の「花子とアン」の蓮子さまですね。


a0218499_22214779.jpg


こちらは岩屋
a0218499_2222973.jpg



さて、石老山の山頂はこの鐘楼の上を少し登るだけらしいのですが、ぬかるんで足元が悪い時に、これ以上の登山はしたくないのでここで 戻りました。ここは一周して4時間ほどのハイキングコースの一角にあたります。
a0218499_15143889.jpg


a0218499_22213233.jpg

さて、行きはヨイヨイ、帰りは〜〜この石ゴロゴロ水ビチャビチャの道を降りるのか!?は恐怖でしたが〜〜なんと、なだらかな車が通れる道があったんです(笑;)

a0218499_2221543.jpg


まあ、お寺ですから当たり前でしょうね^^

途中の川まで下りて、体を冷やしてみました^^

a0218499_22215817.jpg


もうすぐ出発した駐車場です。
a0218499_2222399.jpg


今日も楽しい一日、お疲れさまでした^^
a0218499_1511266.jpg

by edo2006 | 2015-11-12 16:30 | おでかけ | Comments(0)